プラセンタの美容効果に大きな役割を果たしている成長因子とは?

美容成分として化粧品やサプリによく配合されているプラセンタは、動物の「胎盤」から抽出したエキスのことです。動物の胎盤、と聞くと驚く人もいるようですが、胎盤は母体と赤ちゃんをつなぎ、栄養や呼吸などの機能をサポートする器官なので、栄養素の宝庫でもあります。馬、豚、羊のプラセンタがよく使われていて、中でも馬プラセンタが最も栄養価が高いと言われています。
プラセンタには、五大栄養素であるタンパウ質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、人間の身体にはかかせないアミノ酸の他、酵素や活性ペプチドなど、消化・分解・免疫力の向上など、健康面でも重要な役割を果たす成分が含まれています。そして、プラセンタで美容面での効果が高い成分として注目されているのが、成長因子です。
成長因子は細胞分裂を活性化させる働きを持っており、プラセンタにしか含まれていないと言われています。
成長因子は、プラセンタと同じく美容成分としてよく知られているコラーゲンの生成を促す役割を果たしてくれます。肌にハリや潤いをもたらすコラーゲンは、もともと人の肌の中にある成分ですが、加齢とともに体内での生成量が減少していきます。プラセンタを摂取することで、このコラーゲンを増やすことができるのです。
また、成長因子が細胞分裂を促すことで、加齢によって滞りがちな肌のターンオーバーを正常に戻すという効果もあります。ターンオーバーが促されることで、古い角質や皮脂が取り除かれ、なめらかで艶やかな肌に変わっていきます。シミの予防にも効果的です。
肌だけではありません。プラセンタは、頭皮の毛細血管の活動も活発にしてくれるので、頭皮環境が整い、髪にハリやコシが出てくるという効果も期待できます。毛細血管の働きが鈍くなると、髪のボリュームがなくなったり、薄毛になったりしますが、プラセンタを摂取することで、髪についてもアンチエイジング効果が生まれます。
プラセンタによる健康面での効果も見逃せません。血行を促進したり、自律神経のバランスを整える効果があるため、朝すっきりと起きられるように導いてくれます。また、プラセンタには、更年期障害を緩和する働きもあると考えられています。
プラセンタはサプリで摂取するのがリーズナブルで続けやすい方法です。サプリを選ぶ場合は、配合されているプラセンタの種類に注目してみるとよいでしょう。