自己破産を行うメリットとデメリットについて

借金の返済に困って自己破産を弁護士に相談をしようと考えている方も少なくないと思いますが、その際の選択肢の1つとして自己破産というものがあります。

そんな自己破産について聞いたことはあるものの、具体的なメリットやデメリットが分からないという方も多いと思うので、その点について書きたいと思います。

自己破産を行うメリットはいくつかありますが、1番大きなメリットは何と言っても借金の支払いが免除されることです。

税金や養育費といった非免責債権と呼ばれるものに関しては免除されませんが、少なくとも消費者金融などから借金したものに関しては自己破産後は返済が免除されます。

また自己破産後に債権者は取り立てを行うことはできない決まりなので、債権者の取り立てに悩まされることが無くなるというメリットもあります。

逆に自己破産を行うことには様々なデメリットもあって、具体的には例えば自己破産を行うといわゆるブラックリストに登録されてしまいます。

当然ですがブラックリストに登録されたらお金を借りるのは困難になるので、自己破産後は一定期間の間はお金を借りられなくなることには注意が必要です。

また自己破産を行うと一部の財産を除いてその多くを失うことになるので、その点は自己破産の大きなデメリットの1つだと言えます。

あとは自己破産の手続きを開始すると手続きが完了するまで職業に関して制限が掛かるデメリットがあって、手続き完了まで一部の仕事には就けなくなります。

例えば警備員や宅地建物取引士など影響を受ける職業はたくさんあるので、その点に関しては注意しなければなりません。

自己破産には様々なメリットがある一方で注意するべきデメリットもあるので、あとで後悔することがに無いようにするためにも両方を事前にしっかりと把握するようにしてください。